スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳でピアノ

最近2歳の女の子を教えることになりました。
2歳といえどあなどれない・・・ピアノの椅子に誰も座っていなければ
駆け寄ってよじのぼり、両手でジャーンと弾き聞かせてくれるピアノ大好きっ子!
そんな様子を見たママがなにか今からできることがあれば・・・と
いうことで教えることになったわけなんですが。

何すればいいかわからない!(汗)
知識はゼロ。言葉も喋れない。
そんな小さな子を教えたことはありません。
手を広げてもドからソも届かないのでピアノを弾かせてもしょうがないですよね。。
でも小さい子は音楽に合わせて身体を動かすのが大好き!
踊りもすぐ覚えてしまいます。
みるみる吸収していくからほんとに羨ましく思ってしまいます(>_<)

私がピアノを弾いてリズムを打ったり、身体を動かしたりしてもらいますが・・・
そのあとが続かない!
言葉のコミュニケーションがないから結構静かなレッスン・・・。
ほんとにするべきことはなんだろう。

060628_1948~0001.jpg

というわけでこんな本を買ってみました。
最近は1歳からピアノを習うのかな。ついていけないや。。
いろんなヒントがいっぱい書いてあります。
もっとピアノを好きになってもらいたいから、私がしっかり勉強しなきゃね!
スポンサーサイト

シャンプー×2

今日は久し振りのシャンプーの日です。
「シャンプーするよ」
060624_1120~0001.jpg





「え!?(ぎく)」

二匹ともシャンプーするのが嫌いなんです。
「シャンプー」という言葉に二匹とも大きく反応します。
リュウなんかハウスへ直行するか、私の後ろに隠れます(笑)
でも実際入ったら気持ちよさそう・・・たぶんめんどくさいんだと思います。
(なかなか腰を上げないタイプ)

ハナ、ブロー時。
060624_1500~0001.jpg  060624_1501~0001.jpg
                ↑激しい金魚運動
                 ハナ「ぎゃ~気持ち悪い!」
               
060624_1504~0001.jpg





「♪~」


リュウのシャンプー中にお邪魔しました。
060624_1523~0001.jpg





「見ないで~」と言っています。

060624_1532~0001.jpg  060624_1534~0001.jpg
ブローしているときはすごく気分がいいみたいでほぼ眠っています。
いい身分だね~。

ブロー完了。ハナもリュウもご機嫌です♪
060624_1550~0001.jpg 060624_1554~0001.jpg
↑笑ってる(*^_^*)    ↑美人。


ブラジル戦・・・

060623_0540~0001.jpg  060623_0538~0001.jpg  060623_0543~0001.jpg

日本にとってのワールドカップが終わった。。
玉田が豪快なシュートを決めたとき、奇跡がおこるんじゃないかと思った。
今までのフォワード陣にはないゴールへの執念を感じた!
もしかしていけるんじゃないの?!

前半終了直前にあっさりと同点にされ、なんとなく勢いがそがれてしまった後半、
調子を上げたブラジルの相手にはならなかった。
ロナウジーニョもカカもベンチに下げ、
しまいにはゴールキーパーまで控えの選手と替わってしまった。
あまりにひどすぎる。。。
二軍相手にも日本は歯が立たなかった。
悲しかった。。
中田が泣いてた。
日本は死力を尽くしたと言えるのかな。
若い選手が育たなかった今回のワールドカップ・・
アジア枠が減ってしまうという次回が心配です・・・涙

ブラックコメディ

久し振りに舞台見に行ってきました!
劇団四季のストレートプレー、「ブラックコメディ」です。
060622_1501~0001.jpg




 ←四季の自由劇場。
 浜松町にあります。


ブラックコメディ――その名のとおり、主人公がちょっとした見栄を張ろうとして
ついた嘘が次々と問題を引き起こし、嘘が嘘を呼んで
次第にその嘘が全員にばれていくというかなり痛快な内容。
たった7人で演じているのですが、毎度ながらその表現力は驚くばかりです。

この舞台の面白いところは、照明にあると思います。
主人公の住むアパートが停電してしまうというところからこの話は始まるのですが、
電気がついている間は舞台上が薄暗くて
停電になってから初めて照明がパッと付くのです。
つまり、出演者は照明に照らされながら真っ暗闇にいるような
演技をしなければならないのです!(壁にぶつかったりとか違う人に抱きついたりとか・・・)
その状況の中、嘘を隠そうと奮闘する主人公。。
面白かったです。笑っちゃいました。


さー今日は日本対ブラジル戦!!
頑張って日本を見届けよう!!(・・・・まだあきらめてはいない笑)
そして・・ブラジルのいいプレーを見たい。笑

ドロー。。。

疲れすぎた。。。
いい攻めを見せていたと思う。
いい形をいっぱい作っていた。
でもあともう一歩がたりない・・・・。
勝てた試合だったね。

今日の試合は誰かを責めるような気分にならなかったので
よかったと思う。
ジーコも今日はいい手を打ったと思うし。

望みは薄いけれど、まだだめと決まったわけではないね!

それにしても食い入るように見てしまって、疲れた(笑)
汗かいた~((+_+))

サッカー見すぎ。。

ワールドカップの真っ最中。
しかも今日本対クロアチア戦のハーフタイム(笑)
もう心臓がどきどきして落ち着いて見れない!!

初めのうちは、いい攻めをしていたけど、前半終了に近付いてくると
疲れが出てきて攻め込まれる場面が多すぎる(汗)
GKの川口がPKをとめるというファインプレー!!
鳥肌立ちました(>_<)

今から後半。
結果を知るのが怖い。。。

夏ベッド。

夏に向けて涼しげなわんこ用ベッドを購入!
ナイロン生地でひんやり。黒地にドット。かわいい!
060614_2214~0002.jpg


うちの犬たちはちゃんと自分たち用に買ってくれたことを理解します。
さっそくリュウがためしに・・・
060614_2150~0001.jpg   060614_2152~0002.jpg
気持ちよさそうだね。。。

次にハナも寝心地を試します。

060614_2239~0001.jpg → 060614_2239~0002.jpg
                 おやすみ。。

どうやら気に入ってくれたようです!
そして取り合い!!
「ハナ~僕にも譲ってよ~」
「Zzzzzzzz....
060614_2257~0001.jpg

ルネサンス~バロック~ロココ

伴奏の仕事で水戸に行ってきました。
利根川を越えて初茨城!
茨城といえばなまりがきついですよね(笑)
出演者の皆さまいいなまりしてました!

リハから本番までかなり時間があったので
茨城県近代美術館に行きました。
060611_1428~0001.jpg




 ←ロビーにあったオブジェ。



「栄光のルネサンスから華麗なロココまで」展をやっていました。
ルネサンス(14~16世紀)、バロック(16~18世紀)、ロココ(18世紀~)の3つの様式の変化をたどっていきます。
バロックという言葉は音楽でいうと、時代のことだけを言っているようですが、16~18世紀のヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式のことで、
本来語源はポルトガル語のBarocco(歪んだ真珠)といわれているそうです。
知らなかったあ。。。
調和・均整を目指しているルネサンスに対して、流動的で劇的な表現を目指すのがバロック。
だいぶバロック音楽でしみついたイメージと違うような・・・。
ルネサンス時代の音楽を演奏することがないからそう思うのかも知れません。
カラヴァッジョやレンブラントなどの絵画がありましたが、どれも光を巧みに操っていて美しかったです。
ロココになると、人間の表情が豊かになり表現も繊細になりました。
どこか仰々しさの残るバロックに比べ、受ける印象が柔らかいんです。
音楽と深く関わりのある絵画展でおもしろかったです。

本番も頑張りました(笑)
おみやげに水戸納豆も買いました!早く食べなきゃ~!

東西めぐりん

今年の春ぐらいから学校周辺で見慣れないバスが走り始めました。
学校の前にもバス停があります。
学生で使っている人はいないと思いますが・・。

060608_1302~0001.jpg

ずっとここ周辺の道路は長い間工事していて
きれいに舗装されたと思ったら、こんなバスが走り始めるとは!
それがまた昭和を思わせる懐かしい色合い。
060609_0955~0001.jpg




 ←勇気を出してバスにカメラを向けたのに
  たいした写真はとれず。。。


台東区って浅草が近いのもあるんだろうけど、観光客がすごく多いです。
外国人も多くいて、たまに英語で道聞かれたりするので慌ててしまいます。
(これじゃあいけません)
観光しやすいように案内板もあちらこちらに見かけます。
芸大も観光名所なんですかね・・・??
改めて台東区って歴史のある文化の町なんだなぁと思います。

20人位しか乗ることのできないミニバスですが、なんともかわいい佇まい。
一度乗ってみたいなあ。
バス停に東西めぐりんって書いてありますが、ほかにも北めぐりんや南めぐりんもあるそうですよ。
東西めぐりんに乗った方はご一報ください♪

車社会に仲間入り(仮免)

ついに路上教習行ってきました!!
さっきまでぬくぬくと知り尽くした教習所内のコースにいて
パターンをやっとつかんだのに
仮免をとってしまうと、いきなり路上へ押し出されるわけです。
この違いは凄いね。
小さい頃初めて電車に乗っちゃったときの感覚よ・・・。

路上は教習所内みたいに生ぬるくないです。
いろいろ頭で整理してから車を動かしたいのに、そんなことしてたら
回りの車に大迷惑!!
だからもう無理やり、えい!!と走らせました。
実際に走ってみると路上駐車が多い・・・。
隣に教官がいるときは、駐車している車を追い越すときも
ウインカーを出して追い越し、元の車線に戻るときもウインカー出さなきゃいけないからさあ。
邪魔よ。6月に法が改正されたのも少しわかる気がします。

すごい大きい交差点とかも右折しちゃった!
少し自信つきましたよ~。
これからあと18回も路上教習があります。
私の後ろにいる運転者のみなさま、追い越さないでください(笑)


ひそかにシンクロ中!
060531_2325~0001.jpg

プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。