スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松。

明日から浜松へ行ってきます。
浜松管楽器アカデミーの公式伴奏者として、今回で二回目です。
今回楽譜の数を数えてみると11冊でした。。。時間にして130分以上。。
練習ホントに大変だったなあ(-_-;)
頑張ってきます。
ホテルはあの有名なオークラアクトシティ!!!
それが楽しみ・・・笑
スポンサーサイト

夏の風物詩

060723_1935~0001.jpg   060723_1951~0001.jpg   060723_2024~0001.jpg

地元で花火大会をやっていたのでちょっと見に行ってきました。
10000発もあってかなり満足度高かったです。
夏と言えば花火!!!ってぐらい花火、大好きです。
隅田川をはじめとして、相模川の花火大会や多摩川の花火大会には、行ければ毎年行ってます。
汗だくになって花火を見る場所を探すのが楽しいんだなぁ。
華やかな花火もいいけど、一連の花火が打ちあがったあとで
柳のように軌跡を描いておちてくるあの花火が綺麗だと思います。
途中から雨が降ってきて家の窓から見ていたんだけど
この家から見るのが一番いい眺めでした。

いじられハナ&リュウ

家にあった人間用腹巻を使ってこんなものを作成。
さて、何をするものでしょうか??
060721_1216~0001.jpg

060721_1217~0001.jpg

飼い主にあまりにキャハキャハ笑われるので恥ずかしそうなリュウ。
立ちすくんだまま一歩も動けません。
ハナは「かわいい~」と言われちょっといい気分。
でも言っとくけど君の頭、めちゃくちゃ変よ。

どうもサイズが合わないということで今度は人間用のレッグウォーマーを使用しました。
060721_1245~0001.jpg

がちがちに固まっているリュウ。目を逸らしてます。

正解はこちら↓↓こうやって使います。

» Continue Reading

バイクフォーラム参加

あるモータースクールのバイクフォーラムで、伴奏で演奏してきました。
ソリストはフルートを吹き、歌も歌ってしまう二刀流の彼女です。
彼女は演奏会を企画をするのがすごくうまい!
ので私はいつも後ろでふむふむ・・・とメモッてます。笑
自分のやりたいことを押し通し、最終的には、
お客さんの心は満たされます。てゆうか私が満たされてます。

今日のお客さんはヘルメットを持ったどちらかというとごつい感じの人たち。。
ドレス姿の私たちを見て本気で驚いていました。
いったい何が始まるんだ?!ざわざわ。。
ちょっと不審そうな目で見ていたひとたちが、演奏後には笑顔になっていたのが印象的です。
演奏後にはツーリングの際の注意点なども聞きました。笑
(ちなみに私は別の教習所で普通自動車免許を取得中)

彼女にはいつもいろんなインスピレーションもらってます。感謝。
心に直接伝わる演奏ができるようになりたい。

暴風雨。

060626_122110.jpg

リュウは雷に興味津々。
ハナは雷が大嫌い。

今日のスコールはほんとに凄かったですね。
西の空が暗くなってきたと思ったら
空がピカピカ光り始めて、遠くでゴロゴロゴロ。。。
またくるのかな。と思っていると、近くでバリバリ!ガシャーン!!!!
そしてぽつぽつと雨が降り始めました。

空がメリメリと凄い音をたてているとハナはそれに負けないくらい
大きな声で吠えます。
それがまたうるさい!!
(雷が鳴ってるときに私に電話してきた方は知っているでしょう)
ハナは真っ赤になって叫んでいます。
そしてリュウは窓に張り付いて外をじっと見ています。。
わ~すご~い~って感じで。
ひとしきり大騒ぎして、雷雨が通り過ぎると
リュウはつまらなそうにこっちを見てきます。
もう終わりだよ!

こういう雨のときはなぜか人間の方も興奮気味になってしまい、
写真がありません(汗)
空が暗くなってくると、なぜかわくわくしてる自分がいるんです。笑
思いのほか盛り上がらないと(雷雨が)残念に思う私。。
屋内にいないときは半べそかいてるんだろうけど(苦笑)

こだわり。

今年で3?歳になる生徒さん。
もう教え始めて3年になるのですが、彼はピアノにはまってしまいました。
アップライトを買い、消音機能を付けて、それでも物足らず、
防音環境を作ろうかとしています・・・!

今はブルグミュラーやらインベンションやらを弾いています。
でもそのこだわりかたが半端じゃない!

アルペジオのようなパッセージを弾いているとおもむろに止まり
「あ~~!!・・・・・・そろってない。」

何度も弾きなおしては
「なめらかじゃない・・・・・・」
「4(指)がおかしい。」
と一人で苦しんでいます。

両手で同時に鳴らす和音になるとバランスが気になるらしくて
一つでも飛び出た音があると
「あ~~!!」
と言い、できるまで何度でもやります。
なんていい耳の持ち主なんだ・・・

「一つだけ響きが横が向いてる。」
と言ったときにはびっくり。。
絶対いい感覚もってるって。。。。

改めて妥協しないことの大切さに気付かされます。


今日のおまけ写真です。
目がかゆい~
060709_2307~0002.jpg

ジャズね。。

「ピアニストが生き残っていくのはコンチェルトピアニストか
ジャズピアニストのみだ」
とある著名な音楽関係者が言ったそうです。

小さい頃からクラシックばかりやってきて
クラシック以外の音楽を耳にすることはあっても
なかなか演奏するのは難しい、と感じています。
もちろんなんでも弾けてしまうピアニストはいますよね。。。

クラシックというとジャンルとか時代とか曲のことをさすようです。
バロックやそれ以前のルネサンスの音楽(グレゴリア聖歌とか?懐かしい)から近・現代までの曲。
でもジャズは曲ではなく演奏方法を言うそうです。
ジャズ奏者の弾き方とかリズムの感じ方、音の出し方はまるで違う。
その感じ方に慣れてないから演奏できないんだろうなあ。
いろいろなジャンルを知って演奏できたら、もっと違う音楽の側面とかも見えてきたりするのかな。

時々こんなことを思ってはコードの勉強をしてみるものの
しばらくするとクラシックにどっぷり。。(当然)
でもまずは勉強よりも耳が慣れる必要があるかもしれません。
やりたいことがいっぱいだあ(>_<)

ハナ何か?

060704_0045~0001-0001.jpg

 「ハナを探せ」
 背後に視線を感じたので振り返ると
 二つの目がきらりと光っている。
 冷房の効いた部屋でお布団にくるまる贅沢なやつ。。。
 自分でかぶったようだけど。
 さっきから見つめられているみたいだけど、何か用?
 
060704_0046~0001.jpg

 はっきりこっちを見ている(カメラ目線)
 あまりにも気持ちよさそうなので写真とってあげるよ。
 多少憎たらしい。。
 ハナの色はシェーレッド・レッドといい「陰影のある赤」という色らしい。
 一見茶色だけど、光の具合によってはほんとに赤い犬に見えることもある。
 でも日によっては黒ずんだ犬にも見える。
 ハナの気分が悪そうなときだ。
 今日は籐の椅子の色に合わせている。
 そんなカメレオンのようなハナはいろんな場所によくなじむらしい。たまに見えない。
 
060704_0043~0001-0001.jpg

 よく見るとちょっと白目。

海ぶどう観察日記

060702_1846~0001.jpg
 おみやげで海ぶどうをもらったので食べてみることにしました。
 沖縄でとれるという海ぶどう。なかなかお目にかかる機会もありません。
 見た目、海藻。でも妙なつぶつぶが表面にいっぱいくっついています。




060702_1946~0001.jpg
 水に浸して少し経つとつぶつぶがぷりっとなりました。






060702_1949~0001.jpg
 トマトを添えてできあがり。
 最初は濃い目の緑色だった海ぶどうは水を吸って透明度を増しました。
 これがまたおいしい!
 プリッとして不思議な食感です。
 とびっこ(いくらの小さな粒みたいなやつ)と似ている気がします。


とびっこで思い出したけど、あの食品(いくらの小さな粒みたいなやつ)、なんて呼んでますか??
以前友達とどこかでこの食べ物を食べたときに私はふつ~~に
「この『ぷっちんこっこ』さ~――」
と言い、ものすごい突っ込みにあいました。
私としてはあまりに常識的な名前で意識せずに口から出たので
驚きました!&恥ずかしい!ぷっちんこっこなんて!!!!!
でもあの時誰も本当の名前をわかりませんでした。笑
私の中では小さい頃からあれは『ぷっちんこっこ』なんです!!
誰も正式名称なんて教えてくれなかった。。
でもなぜ『ぷっちんこっこ』って覚えたんでしょうかね・・・?
正式な名前をご存知の方、教えてください。
(やっぱり『とびっこ』なのかね?)

プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。