スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝不足。

今浜松国際ピアノコンクールが開催されています。
去年のショパンコンクールの時もそうでしたが、コンクールの様子がネット配信されています。
もちろん生で聴く音とは違うとはわかっているんですが、
それでもそれぞれの個性は十分現れているし、
なにしろみんなすごい!!!!
コンクールに懸ける出場者たちの集中力は凄いものがあります。
こんなに人の本番を立て続けに聴けることってない。
いいイメージをもらってます。

日中聴けなかった演奏を夜聴くからなんとなく寝不足。。。
自分の練習そっちのけ。。。やばい。
スポンサーサイト

もう20代前半ではない。

今日24回目の誕生日を迎えました。
友達のメールで日付が変わったことを知りました。笑
ありがとう(*^_^*)

もうすっかり大人といえる年齢ですね。
今、まだ自分がどこへ向かっているのかわからないですが、
この先どんなことが待っていようとも
ひとやものを思いやる気持ちは大切にしたいと決心した24歳です。

今年もよろしくお願いします。

061110_2331~0001.jpg

最近いきなり家に出現したトランポリンです。
ただ飛ぶだけかと思いきや、結構疲れる。
まず背が曲がっていると、まずジャンプできません。落ちます。
体のバランスがかなり重要っぽい。
ジャンプしていると犬たちが邪魔をしてきます。笑
遊んでいると思われているらしい。。。

スイスの旅1

一週間チューリヒに滞在していました。
目的はレッスンだったけど、それ以外にもチューリヒの生活を満喫してきました。
友達のあいちゃんのうちに泊めてもらったので、すごく仲良くなれて嬉しかった(#^.^#)
あいちゃんもチューリヒで仕事していて、学生をしながら「生活」もしている人なので、
そんな留学生活の一部も垣間見れたようで、ちょっぴり留学生気分になりました。
一週間程度でわかるはずないですが。

チューリヒ駅。
061102_2239~0001.jpg


この写真を撮った後、変なおじさんに
「Hallo~!・・・・・・・・・・(聞き取れなかった部分)Chinise?」
と聞かれ、一人だったし怖い上に間違っていたので
「No!Japan」と言って逃げました。笑










チューリヒはトラムがが交通機関としてすごく発達しているので
どこへ行くにもまずトラムに乗ります。
網の目のように張り巡らされているので、まるで東京の地下鉄のよう。
061105_1605~0002.jpg


早朝のトラムの中。













そういえば滞在中にスイスでは初雪が降りました。
きれいだったな~~~(*^_^*)
嬉しくて寒さも忘れてしまったのでした。続く。まだまだ。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。