スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーツシアターライブ


彩の国さいたま芸術劇場のアーツ・シアター・ライブでピアノソロの演奏をさせていただきました。
空からの光が降り注ぐ、地下一階のロビー。とてもいい雰囲気です。
でもガラスの窓が筒型になっているため、ロビー内を音が周遊するという難しい音響です。

最初のうちはお客様も少なかったけど、少しずつ集まってきてくれてよかったです。
こんな風にお客様が近く、一人一人の顔が見れるコンサートはとても楽しいです。
しかも空を見ながら演奏するという贅沢な経験までさせてもらいました。
18時開演だったのでだんだんと空が闇に包まれていって、いい雰囲気でした。


終演後。
070327_1845~0001.jpg

実はアップライト。でもグランドばりに素晴らしい音色でした。
聴きに来てくださったお客様、お世話になった皆様、ありがとうございました!
スポンサーサイト

リサイタルを終えて改めて感じたこと。

20070319142514.jpg
   
リサイタルが終わり10日経ちました。
改めて振り返って、リサイタルの準備期間から始まり
大変な3ヶ月余りだったと思います。
一つの演奏会を企画し、自ら舞台に上がるという経験は初めてのことでした。

写真撮影があり、その後すぐにチラシの作成をしました。
写真のレイアウト、全体の構成を決定することも一苦労でした。
チラシが出来上がってから、どんな風に宣伝していいかわからず、
たくさんの方に宣伝をお願い致しました。
東京文化会館は650席もあるので、到底一人ではお客様を集められないのです。
多くの方に温かい言葉をいただき、協力してくださいました。
チケットに関しては私自身がすべて管理していたので、本番当日まで事務手続きなどは毎日続き、演奏会というのはただその日に演奏するだけではないことを思い知らされました。
当日は、皆様のお力添えがあって私はここに立てているんだという事を
自分に言い聞かせ、それを自分の力にしようと思いました。
初めてのリサイタルでしたので、至らぬ点はたくさんあったと思いますが、最後まで弾き通せたことは、自分の自信になりましたし、聴きにいらして下さった皆様の後押しのお陰です。
本当に本当にありがとうございました。

また終演後には、多くのお花やプレゼントをいただきありがとうございました。
コンサート後に回収されたアンケートには貴重な意見がたくさんありました。
それらを今後に生かして、これからも努力してまいりたいと思います。

20070314001040.jpg

確定申告終了

毎年なにかと面倒な確定申告が今年も終わった。。。
私自身の確定申告は少量なので、すぐ出来てしまうのですが、
私は家族の中で「確定申告」係なんですね。

数年前に一から資料を読んでとりかかってみたけどちんぷんかんぷん。
それを毎年繰り返し、不動産の譲渡の確定申告まではできるようになりました。
でも今年はさらに煩雑で、税務署まで出向きました。
凄い混みようだったな。
それにしても面倒臭いですね。

花束No.2 
20070314001030.jpg

ありがとうございました!!

ご報告遅れましたが、9日に無事リサイタルを終えました。
いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

リハーサル風景です。髪型と服装がちぐはぐです。
20070314001910.jpg

初めてのリサイタルなのに、誰もが驚くほどのハードなプログラムを組んでしまい、
自分で自分の首を絞めることになってしまいました。

» Continue Reading

今日の癒し二連発

なんて幸せそうに眠っているんだかラブリィハート

2007_03030003.jpg



» Continue Reading

犬も歩けば棒にあたる

新しいデジカメを片手に夕日を撮りに行こうと思い立って
多摩川の土手まで行ってきました。
2007_03010010.jpg



2007_03010017.jpg

ちょうど日没の時に多摩川に着いて、いい瞬間を捉えることが出来ました。
日没の瞬間にどこからともなく人が集まってきていました。
何枚か撮って出来を見ていると、おじさんが「いいのとれましたか?」と話しかけてきました。
日没は人と人の心を結ぶのか???
日没を撮るならもっと川の西側に行った方がいい!とマニアっぷりを見せてくれたおじさん。
今度○○市民館で写真展やってるから見に来たらいいよと宣伝までされてしまった。

寒くなってきたので、おじさんにさよならを言い、川から離れて歩いていると
自転車がに乗ったおじさんが倒れて怪我しているのを発見。
ムンクの叫びと思って動けずにいると
近くにいた方が誰か携帯で救急車を呼んでください!!と。
条件反射的に、押したこともない119番を押して状況を説明。
でも電話して救急車を待っている間、転んで怪我をした人はけろりとしていて
救急車を呼ぶ必要が無かったか?と気まずい雰囲気になってしまいました。絵文字名を入力してください
その後大事をとって救急車で運ばれていった、と思います。。。(状況は混沌としていた)

なんか短い間に色々なことが起こった一日でした。
怪我に気をつけよう。

2007_03010015.jpg

川縁にあった枯れ草。枯れ草なのにきれいに撮れてしまう。さすがデジカメ。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。