スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三世代の旅 vol.1

GWが始まるちょっと前に親子三世代+2匹で旅に行ってきました!
車一台に大人3人、犬2匹乗り込んで、伊豆へ向かいました。

人間だけだったら大人のしっとりとした旅になったはずだけど、、、
犬2匹いるだけで子供がいるような大騒ぎになりました。
車の中で今ハナが興奮し暴れまくり、リュウは車酔いが激しく、吐いてばかり。
かわいそうに。。。。
私は経験不足のため運転を任せてはもらえずに(涙)ひたすら犬の介抱に。
3時間半にも及ぶ長旅で、まず辿り着いたのは、城ヶ崎海岸!
2007_04280014.jpg

近くにある大室山の噴火により、溶岩流がこの岬を作ったそうな。
波がすごい勢いで打ち寄せ岩壁を削っています。
2007_04280002.jpg

2007_04280004.jpg
 そして長さ48mの門脇吊橋。
 岬と岬をつないでいるので空中。橋の下は海。
 
 またこの吊橋が
 かなり揺れる!!
 ちょっと間違ったら
 横にそれて落ちてしまいそうです。
 
 高所恐怖症には無理だな。
 







 

2007_04280009.jpg

 吊橋と展望台。












その後、伊豆ガラスと工芸美術館へ行きました。
なんとペット連れでも入れるという美術館!良心的。
ちょうど「エルテとラリックのお洒落の郁り展」をやっていました。

「エルテ、ファンタジー」
エルテもラリックもアールデコ時代の芸術家ですが、エルテは舞台衣装などを手がけていたそうです。
すべてのガラス作品、ブロンズ像がとてもおしゃれで美しく目が釘付けでした。
2007_04280015.jpg

2回の常設展にはティファニーやエミール・ガレなどのガラス作品が展示。

写真可、手に触れても可だったので、写真撮りまくり、さわりまくりでした。
 
←ティファニー、ステンドガラス。花のいざない
 








2007_04280017.jpg

同じくティファニーの名前忘れた。
藤がモチーフになっている?










そして犬も泊まれるホテルで一泊。続く。
スポンサーサイト

協力し合った木曜コンサート

今日は木曜コンサートに出演してきました。
今日も聴きにいらして下さった方々、ありがとうございました!

トップバッターで気持ちの準備が充分にできないままステージへと上がってしまいましたが、
客席の熱気によってだんだんと集中が増し、思い切り演奏することが出来ました。
私のほかに5人の出演者がいたのですが
みんながそれぞれが努力をし、自分なりの音色や信条を探り
そしてこうやって力を発揮して演奏し、拍手を浴びる姿に、なんだか感動してしまいました。
みんな本当に大人になったなぁ・・・。
芸大奏楽堂のコンサートと時間がかぶってしまったらしくて、ステマネがホールに一人もおらず、
出演者と先生で分担してドアと照明を担当しました。
本当に今日は自分達で作り上げたコンサートという感じで
なんだか燃えました。笑

070419_1437~0001.jpg




 写真は学校が用意してくださった出演者用お弁当キラ
 結構豪華でしたが胃袋が閉じていたので食べられなかった・・・。

ハナの爪切り

ハナは爪切りが大嫌い。
最初の頃は嫌々ながら我慢して切ってもらっていましたが
だんだんエスカレートして、最近は爪切りバサミに噛み付くように。
ハサミを出しただけで、身を固くさせるまでになってしまいました。
下手したら手を噛まれかねない(涙)
なので、獣医さんにお願いすることにしました。
たぶんハナが爪を切るのは一年ぶりくらいになるでしょう。

爪切り前。肉球の間から毛が伸び放題で肉球が見えてない。
2007_04150002.jpg

鷲のような爪。
2007_04150004.jpg




そして爪切り後↓↓
2007_04150008.jpg


さっぱり肉球お目見え!

これでこれからはじゅうたんの上も滑らず歩けます!

カフェ♪&お知らせ

みなとみらいで伴奏の本番後、共演者とフルーティストと
おしゃれな感じのカフェでお茶しましたcake
二人でカフェモカを注文したら、二つとも違う模様で来ました!
ちょっとこれかわいいなぁlovelove
    070408_1600~0001.jpg 070408_1600~0002.jpg


さて、ここで演奏会のお知らせです。
4月19日(木)14時から、旧奏楽堂で木曜コンサートに出演します。
私はベートーベンのソナタ30番を演奏します。
この日は大学院2、3年が院生らしい渋い曲目で出演します。笑
詳しいことはこちらから。

伝統ある旧奏楽堂で演奏できることがとても嬉しいです。
入館料だけで入れるそうなので、是非是非聴きにいらしてください。

春爛漫

今年も桜が一瞬咲いて、もう散り始めましたね。
暖かくなってきて気持ちのいい季節のはずなのに
私は春という季節に弱いらしく、頭ぼんやりと過ごしています。
今日は久しぶりに冬日だったので、急に生き生きとしています。

先日リサイタルのときの録音のCDが出来上がりました!
日本演奏連盟さんが録音して作ってくれたのです。(何から何まで本当にありがたいです!)
チラシの一部が表紙にしてあって、なかなかいい出来ばえ。
しかしよく見ると・・・
2007_04030015.jpg

『ピアオリサイタル』



惜しい!!!
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。