スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姪ってかわいい。

我が家に家族が一人増えました!
姪が生まれたのです。
つまり、私は『おばちゃん』になりました~~~

少し予定日より早めに生まれたのでやや小さめですが、
赤ちゃんとは思えないほど、顔立ちがはっきりしていて
今から不安なのです。(可愛くなりすぎるのではないかと・・・・・・。)
とすでに、「おばばか」(おばちゃんばか)です。
当然パパになった兄もめろめろなわけで。。。
そっちの方も心配です(笑)
兄が「お父さん」になったっていうのもなんだか変な感じです。
ママも無事で、赤ちゃんも無事に生まれてくれてよかった!!

スポンサーサイト

サックスカルテット週間

今週は立て続けに2回もサックスカルテットのリサイタルを聴きました。
一組目は雲井雅人カルテット、(雲カル)
もう一組はクローバーサクソフォンカルテット。(クローバー)
サックスカルテットはまだあまりたくさん聴いたことがないので細かいことはわからないけど、
同じサックスだろうか?と思うくらいに違う音色を持っていたし、
それぞれに持ち味が表れていてとてもおもしろかった。

クローバーのメンバーはほぼ同学年で、よく知っている4人なだけに緊張してしまった
演奏中の心境の変化とかがわかってしまうし。。。
満員のお客さん、極限の緊張の中で、ちゃんとクローバーの美しい音色と滑らかな音楽の運びが表現できていたと思う。
大成功で終わってくれてほんとに嬉しかった。
ずっと一緒に頑張ってきたんだなーと。
本当におめでとうございました。

友達が頑張っている姿を見ると、元気付けられます。

三世代の旅 vol.2

旅の二日目。
伊豆半島中央にある大室山に登りました。
山頂へはリフトに乗って5分かかります。
犬は抱っこしていれば乗車できるのですが、私はハナを抱っこしていたので暴れまくり、傷だらけになりました。。。
2007_04280024.jpg

円錐の頂点の部分を切り取ったような形をしていて
頂上には、すり鉢のようにへこんだ噴火口があります。
稜線は「お鉢めぐり」というハイキングコースになっています。周囲1000m。
行ってきました。
2007_04280031.jpg←よく見ると空と山の間に点々と人の姿が見えます。
 見た感じよりも険しい上り坂。
 自分が歩く道以外のところは、後ろも横もすべて下り坂。
 自分がいる所が一番高いんです。
 そしてこの日は東京でも風速30mほどを記録した日。
 本気で一度飛ばされそうになりました。
写真は4分の3ほど歩いた時点。山頂の周囲の中で一番低い所です。

一周した後リフトで下山し、すぐ近くにある伊豆シャボテン公園へ行きました。
サボテンと動物園が融合したような公園。動物園なんていつ以来だろう、覚えがない。
↓すぐ近くまでやってきたリスザルをパチリ。
2007_04280034.jpg

↓水を飲むキツツキ科の鳥。(名前が難しくて・・・)
嘴が長いため顔を斜めにして水を口に流し込む姿がかわいかったです。
2007_04280039.jpg

2007_04280041.jpg
主役のサボテン。
1500種類も展示されていました。
写真のサボテンは実際にはとても大きくて、100歳以上のサボテンです。
サボテンはすごく長生きするらしいです。



今回の旅、なんといってもメインは犬達によるドッグラン
普段散歩をしてもリードに繋がれて、飼い主のペースで歩くことしか出来ないのですが、今回は特別。
リードなしで思う存分走り回ってました!
2007_04280021.jpg

2007_04280022.jpg


結構なハードスケジュール&犬との戦いの2日間でしたが、
日常のことを忘れ(忘れちゃいけなかったかもしれないけど・・・)開放されたいい時間でした。
たまにはこんな息抜きが必要だな。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。