スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリヒより

留学日記第1弾!!

リサイタルの伴奏の疲れも抜けきるか抜けきらないかの状態で
日本を発ってきてしまいました。
飛行機の中では寂しいやら不安やらで、頭ががんがんして精神的に押しつぶされそうでした。
・・・そして本当に押しつぶされました。

発熱。

体温計ないけど(笑)
でも全身寒気と激しい頭痛で動けず、予定が大幅に狂う。

同居人さまに大変お世話になってしまいました。。。汗とか
次の日はどうしても校長と面接をしなければいけなかったので
気力を振り絞って学校へ行き、
無に近いドイツ語能力で立ち向かいました。
しかしいったい何で判断したのか「Gut Deutsch!」と言われ、
教務等にたらい回しにされて終了。

その後気が抜け、家に帰って再び寝込みました。

その次の日、今度は奨学金のお世話をしてくれる、事務の方と面接。
こちらはそうは行かず、「あなたはドイツ語学校に行かなきゃだめよ」と言われる。

ドイツ語はさっぱりわからないのに、明らかに立場の強い彼女に対して、疲れた素振りなど見せることもできず、それが1時間半も続きました。
一緒に面談をしていた奨学生とランチを食べることになり、チューリヒ工科大学の食堂に行く。
コロンビア出身の工科大学の人と、ラトビア出身のこちらはルツェルン音大のフルート吹きの三人で。
コロンビアの彼は英語しか話せず、ラトビアの彼女はドイツ語とラテン語のみ。
そして私は日本語のみ。
会話は成り立たないまま、三人で奨学金を受け取る支払いの場所を探すことにしました。
慣れないチューリヒの街で永遠と1時間。歩き続きました。
無事に目的を果たしてから、冷え切った体で、三人で飲んだ暖かいコーヒーは忘れられないな。

そしてこの日、久しぶりにピアノの前に座りました。
帰ってきた。
思えばあのリサイタルから一週間。
ピアノに触れたときは本当にうれしかった。


チューリヒ湖です。画像が小さいのでクリックして大きくしてみてください。
028.jpg

スポンサーサイト

お知らせ

またまたしばらくぶりの更新です。
イラつかせてごめんなさい(笑)
なにかとばたばたしていたので、なかなかブログを開く気持ちの余裕もなく。。。

それというのも、今月末から、スイスはチューリヒに留学することになりました!!
留学についてはすべきかしなくてもよいかずっと悩んでいましたが、
やはり行かなくては経験できないことがあるんじゃないかと思い、決心しました。
奨学金の準備から、受験と綱渡りでやってきて、ようやく海外で勉強できるチャンスをいただくことができました。
まだ留学の覚悟は出来ていません。笑
来月からは留学日記となりそうです。


しかし!その前に大きなイベントが!!

いつも浜松アカデミーでオーティス・マーフィー先生の通訳をしているサックス吹き、佐藤渉さんのリサイタルの伴奏をさせていただきます。
佐藤さんはアメリカでサックスを勉強してきた方です。

異文化です。

とても面白いです!楽しみです!

佐藤渉サクソフォンリサイタル
日時:2007年9月22日18時半~
場所:音楽の友ホール
サックスのスタンダードピースからアメリカンな曲まで盛りだくさんです。

もうチケットはほぼ完売状態だそう。
立ち見なら聞けるかも?
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。