スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年&ベルリン旅行

2008年になってからもう一ヶ月近くたってしまいましたが、
あけましておめでとうございます。
どんな年明けを迎えられたでしょうか。

年が明けて、学校で練習できるようになってから
レッスンを週に3回無理やり入れてもらい、
無駄に消耗をして
その後、親友がヨーロッパの旅で、チューリヒまで足を伸ばしてくれて、
その足でHannover、Berlinと旅してきました。
飛行機で1時間でいけてしまうんだから、なんて気軽に旅できるんだろう。
と一人で感動していました。
Berlinでは大学大学院とずっと一緒の友達や同じ門下の友達と再会できて
留学とはなんたるかをさんざん語りあいました。

Berlinに行ったタイミングがよかった!!
門下の友達が、ベルリンフィルでバレンボイム弾き振りのベートーベンのピアノコンチェルト1番と5番というコンサートのチケットを入手してくれました。
もうほんとに感謝!!!!!

もうあんなコンサートはなかなか経験できないと思う。
生で聞くベルリンフィルの音。
オケの後ろに席が設けてありそこに座っていました。
もう身動きが取れない。
どの音をとっても素晴らしすぎて。

バレンボイムを真正面から臨む席で。
息を呑むような繊細な音色、揺るがないテンペラメントの高さ、
オケの力を最大限に引き出すエネルギー。
もうまばたきを忘れました。

一生忘れないでしょう。

またいつかベルリンに飛びます。
017.jpg
ベルリンの壁の前で。

023.jpg

Berliner Dom果てしなく高い天井。

スポンサーサイト
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。