スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち新たに。金沢。

東北で大きな地震が来てから、しばらく何も手に付きませんでした。

自分に何ができるか考えてみても、結局何もできない。何かしようなんて傲慢なのかもしれない。

それでいて、自分はやりたいこととか守りたいものとかがあるからこそ

失うのが怖い、それに執着してる自分に気付いた。

それを受け入れて、一個一個を大切に考えて行動することしかできないのかも。

より広い気持ちで周りを見渡せるようになりたい。





さて、話は変わりますが
先週北陸に初上陸してきました!
北陸本線で米原から雪の中を2時間揺られまして。
落ち着いて素敵な街でした、金沢。また行きたいー!

後輩サックス吹き角口圭都さまの素晴らしいリサイタルに参加させていただきました。
パフォーマンスがおもしろかったです。演奏中に人を笑わせるなんてなかなかできない技だよ。

sashimi.jpg

写真は演奏後打ち上げ時に、東京では決して見られないお刺身の分厚さに一枚。




スポンサーサイト

ensamble Resonance HP

resonance member

写真はレゾナンスメンバーと。みんなかっこいいー!!

ただいまレゾナンスでホルンを吹いているまさみさんがアンサンブルResonanceのホームページを作ってくれています。
内容はきっとこれから充実していていくはずです・・・!!

ホームページはこちら→ensamble Resonance

次回のコンサートは4月23日です!

アンサンブルResonance

resonance.jpg
一年半ほど前より、少しずつ活動を続けてきたアンサンブルResonance(レゾナンス)。
先日つくし野公演が終了しました。

今まではカフェでの演奏を中心にやってきましたが、今回は初のホールでのコンサート。
場所を変えても、アットホームな雰囲気はそのままで楽しいコンサートになりました。

アンサンブルResonanceでは、常に私にとって挑戦の場となっています。
今回私は伴奏とトリオとソロで多数出演させてもらいました。
なかなかこれだけ色々な種類の形態で演奏する機会はありません。
心身ともに鍛えられます・・・・。
課題もいっぱいあります・・・・。
このような場を与えてくださる山岸家にも感謝!!!です。

まだまだ未知で、予想のつかないアンサンブルResonanceの活動が楽しみです。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。