スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国中!&イタリア旅行

ただいま日本一時帰国中です。

スイスを出たときは雨がしとしと、肌寒かったのですが
日本に着陸した途端、むわ~とすごい熱気が。
いきなりこの暑さはかなり体にこたえます。

7ヶ月も放ったらかしだった、極ロングの髪も
しっかり軽くしてもらってさっぱり!夏仕様になりました。

今年も浜松管楽器アカデミーに伴奏者として参加することになりました。
私がいつも担当しているクラスの先生のオーティス(アメリカ出身)と英語でコミュニケーションが取れれば・・・・・!!
頼む!私の英語!


少し前の話になりますが、イタリアのミラノへ一人旅に行ってきました。

まったくの思いつきの旅で、ほとんど下調べもなく行ってしまったので、それはもうあたふたしまくり。

ミラノの駅に着いたものの、ドゥオモの場所がわからず、
地図はどこにあるかとたずねても、「わからない」と言われたり、英語も通じなかったりして
結局ドゥオモに着くまでに一時間近くかかってしまいました。

ちなみにミラノ駅からドゥオモまでは、地下鉄で4駅。




実はその後大きな事件が。


ドゥオモに着くと、それはもう息を呑む規模の大きさで
しばらくの間ぼ~っとドゥオモを眺め、ま。写真でも。と思って撮っていると、

横からひょいとカメラを取られ、カメラを持っていた手にいきなり鳩のえさを乗せられ
すぐに鳩が寄ってきました。
え~~~~~!!!!!???と思っている間に
カメラを奪ったおじさんはドゥオモをバックにして私を撮り始めたのです。

ヤバイと思った時にはもう遅く、「pay me for my business」

・・・・・・・・・・・・。
ちょっと反撃してみたけれど、危険な目にあいたくはないし
おとなしくお金を払ったのでした。。。安くはなかった。

そのあとすごく自己嫌悪に陥りました。。。。ほんとーにすごく。



イタリアスイスとは違うのね。よく思い知らされました。のほほんとしていたのね私。
一人旅は隙がいっぱい。油断は禁物なのね。

なんか教訓に満ちた一人旅になりました。



たくさん写真を撮ったのに、コンピューターにダウンロードできない状況なので
また後日アップします。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ゆうかちゃん!今年も浜松一緒だね~~
また積もる話でもしましょv-10

お久しぶりです!

まりさん(*^∀^*)
お久しぶりです!今年はオーティスクラスでまりさんにもお世話になります★
よろしくお願いしますっ!

ojiyanさん、コメントありがとうございます。
ojiyanさんも危ない目にあわれたのですね。
でもその男の人が逃げていってくれてよかったですね。
いざとなったらなかなか怖くて、何も出来なくなってしまいます。。。

外国への旅はやはり用心が大切ですね。思い知らされました。

暑い日々が続きますので、ojiyanさんもお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

ビジネスも色々ですね

大変でしたね・・・・
ご無事で何より。

私も,かつて,英悟もドイツ語も出来ない身でドイツのあたりをふらついていると,いかにも人の良さそうな年配の方が現れて,ベートーベンハウスを案内してやろうと(多分英悟でそういっていたのだと思う・・苦笑)いうのでついていったら,カフェのような場所にて,コインを出して何やらゲームらしきものを始める。
その段階で,こやつは怪しいなとさすがに思いましたが,まあものは試しとしばらく相手をしましたところ,最初は勝たせてくれるのですが,その後負けがコンできて小銭が無くなってしまった。
その男は,もっとカネを出せっぽいことをいっていましたが,ノーマニーと大声を出したら,そそくさと去っていきました。
そんなことをしてよかったのかどうかはわからないですが,何事も用心が肝心なんでしょうね・・・・・・

ちょいと気になりましたので書き込ませていただきました。
暑い日本ですが,身体の調子を整えつつ頑張ってくださいませ。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。