スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラで!

060528_1249~0001.jpg

昨日はヤマハ池袋吹奏楽団のトラでのってきました。
ストラヴィンスキーの「火の鳥」のピアノとハープのパートをピアノでやりました。
会場に着くと、急遽アンコールの曲のハープもピアノで弾いてほしいと言われました
ピアノをいっぱい活かしてくれて嬉しかったです。

火の鳥の終曲に、ホルンのソロがあるのですが、
その部分は光が差し込んできたみたいに明るくてふくよかな音が欲しいところなんです。
つまり大注目!!即ち緊張・・・。
本番前からその部分を吹く彼女は、何度も練習していて「こわいよ~」て言ってました。
そして本番!前の6曲が終わり、ホルンの音色が響く!
みんな普通の顔してますが、内心ドキドキ。。。
彼女は、緊張と、でも絶対に吹き切るんだという強い意志との狭間で
ぎりぎりのところで吹き終えました!!
すごいいい音鳴ってました。
そのメロディが終わった後、すぐ私のハープの部分があるのに
忘れそうになって音がいっぱい欠けてしまった・・(苦笑)
感情移入しすぎた。。。

演奏後みんなで「ソロよかったよ~!」って言ったら
感極まって彼女は号泣!!笑
緊張の糸が切れたんですね。
うまく吹けて泣けるなんてなんだか感動的だぞ。


トラとして乗せていただいただけなのですが
いろんな人との大切な出会いがありました。
声を掛けてくださったH夫妻、ありがとうございました。
指揮者の大木先生ともいっぱいお話をさせていただいて
いろいろ勉強になりました。
来年はガーシュインでソロで呼んでいただけるかも!!
楽しみです!!

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4時間のお・あ・ず・け♪

昨日行ってきましたブタADとのラブラブ?デート。ちょっと高めのイタリアンでしてその後、帰ろうとしてるからに付き合わせて飲ませまくり(笑)

コメントの投稿

Private :

tacet・・・ありましたね!(笑)今回、ハープだけでなくコントラバスとかヴァイオリンのパートもちょっと弾きました(>_<)結構忙しかった((+_+))
火の鳥いい曲ですよね!楽しかったです♪
ピアノっていつも一人でやってるからか、長い休みになると不安になりませんか??(笑)

まだガーシュインがどんな曲だかあんまりわかってないのだ・・・(-_-;)

今回は本当に声を掛けてもらってラッキーでした!
ピアノって常に孤独だから。。。こんな風に多くの人と一つのものを作り上げるのは、楽しいし励みになります☆

ありがとう☆ガーシュイン弾けるかな・・・((+_+))

私も大学ブラスで「火の鳥」やった事があるんだ~。
いい曲だよね♪
何だかtacetって書いている部分も弾かせられて、スコアとにらめっこした思い出があるよ~。
ピアノって一人だから、大勢の中で弾けるのって楽しいよね。

やったね☆ガーシュインで暴れる麻理ちゃんがみたい(笑)

素敵な演奏会だったんだね!貴重な経験をどんどんしていて
素晴らしい♪♪どんどんまりちゃんの音楽の域が広がっていくね。
今後も楽しみ!そして、お疲れ様!

ガーシュインのときは是非お声をかけてね。聴きにいきまっす!

おつかれさまぁ~~~~(*^-^*)
いい演奏会だったんだね☆★☆
無事に終わってよかったね♪
きっとまりちゃんのピアノの音色もホールに響いてとっても素敵だったとおもうよ(∂▽∂)
ほんとにおつかれさま☆
ガーシュインはかなり大曲だよね!!!
しかもピアノかなり難しいんじゃなぁい?
がんばってね(≧∀≦)
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。