スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルネサンス~バロック~ロココ

伴奏の仕事で水戸に行ってきました。
利根川を越えて初茨城!
茨城といえばなまりがきついですよね(笑)
出演者の皆さまいいなまりしてました!

リハから本番までかなり時間があったので
茨城県近代美術館に行きました。
060611_1428~0001.jpg




 ←ロビーにあったオブジェ。



「栄光のルネサンスから華麗なロココまで」展をやっていました。
ルネサンス(14~16世紀)、バロック(16~18世紀)、ロココ(18世紀~)の3つの様式の変化をたどっていきます。
バロックという言葉は音楽でいうと、時代のことだけを言っているようですが、16~18世紀のヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式のことで、
本来語源はポルトガル語のBarocco(歪んだ真珠)といわれているそうです。
知らなかったあ。。。
調和・均整を目指しているルネサンスに対して、流動的で劇的な表現を目指すのがバロック。
だいぶバロック音楽でしみついたイメージと違うような・・・。
ルネサンス時代の音楽を演奏することがないからそう思うのかも知れません。
カラヴァッジョやレンブラントなどの絵画がありましたが、どれも光を巧みに操っていて美しかったです。
ロココになると、人間の表情が豊かになり表現も繊細になりました。
どこか仰々しさの残るバロックに比べ、受ける印象が柔らかいんです。
音楽と深く関わりのある絵画展でおもしろかったです。

本番も頑張りました(笑)
おみやげに水戸納豆も買いました!早く食べなきゃ~!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バロック

バロックバロック(仏:baroque)とは、16世紀末から18世紀にかけてヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式である。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、建築、絵画、彫刻などの分野で、動的な造形や、

コメントの投稿

Private :

こちらこそ!
仲良くしてねm(_ _)m
つか携帯からだとパソコンサイト観覧…かなり無理があるなあ…

茨城は県庁所在地の水戸だったからなかなか栄えてたよ!
でも水戸へ向かうまでのスーパーひたち号(特急)から見える景色がやばかった(笑)
牛とかも見えるらしいよ!(^^)!
そして水戸納豆おいしかったあ(*^_^*)やっぱり納豆は小粒ですね☆

わぁ~~゚*。ヽ(*′ー`)ノ+*。゚*。
美術館いいなぁ~~♡ ♡ ♡
私も行きたい♬
茨城ってわたし行ったことないなぁ~~(●´・з・●)-☆
どんな感じの街だった?
そして水戸納豆はおいしかったぁ?*:★⌒ヾ(-ω・*)

仲良くしてね(笑)

失敬だぞ!笑(>_<)
杏仁さんの噂はよく聞いてるよ(笑)変な噂じゃないよ!
仲良くしてね(笑)

失敬じゃないもん!!麻理ちゃんと杏仁がもっと仲良くなればいいのにって思っただけだもん!!お二人とも、おらの大の仲良し(って思ってるんだけど、、)だから!!!ねっ?まりちゃん?

のんさん》なんだ?普通だぞ!!なんも面白いことなんかないぞ!
失敬だよね~?

だって、なんか杏仁とまりちゃんが。。。ww
おもしろいww

杏仁豆腐に反応したわね(笑)

ようこそ~!!携帯から見れるようになりましたか!
私も杏仁さんの日記見てるよ~かなり笑わしてもらってます(*^^)v
たまに遊びに来てね~☆

あっ、出た!!!杏仁だ!!杏仁豆腐だ!!

こんちは。ラッパの杏仁豆腐です。
あの~。遅くなったんだけっとも…マイミク登録ありがとござすm(__)m
普段携帯しかないのでなかなかブログみてないのだけど、なんとムリヤリ携帯からパソコンサイト見る方法を発見!
やったね。
と言うわけでコメントさしていただきました。。
あ、内容とぜんっせん関係ないコメントですんません!!
てかこれホントに書けてんのかな…?
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。