スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松管楽器アカデミー

昨日浜松から帰ってきました。
6日間気の休まる暇がまったくなかったので、家に着いてから今までほぼ眠り続けました。。
今回も本当に貴重な経験をさせていただきました。

060801_0008~0001-0001.jpg
 サックス講師オーティス・マーフィーさん、通訳の佐藤渉さん、
 そしてピアノ伴奏の私、7人の生徒で一つのチームを作っていきます。

 ←パーティのあとで。
  オーティス顔が小さすぎ!笑


オーティスは生徒さん一人ひとりに対して、100%の愛を持って接しています。それぞれが持っている個性、能力、性格などを理解して、オーティス自身がもっと生徒が成長することができるということを信じています。みんなを尊敬しているのです。
先生に尊敬されるという経験をした生徒さんたちは、できるだけオーティスの期待に応えたいと思います。それは演奏の技術・・表面的な部分でなくて、精神的な部分です。うまくできなければ悔しく感じて、できた時には感動を覚えます。オーティスが一番感動しています。音楽のみに集中することのできる幸せな瞬間です。
こうやって4回のレッスン通してみんな本当に大きく成長します。
それを目の当たりにできる私は楽しくてしょうがないです。
私は受講生とあんまり年齢が変わらないので、受講生から教わることもいっぱいあるし、受講生と同様にオーティスの音楽を吸収しようと必死です。笑
060731_2331~0001-0001.jpg




 ←オーティスとオーティスの奥さんのはるこさん。
 上は私とゆうかちゃん

060731_1832~0001.jpg




 ←7人の代表で演奏した、まっこを囲んで。
  一番左は佐藤さん。
6日間のセミナーも終わりが近付いてくるとオーティスと別れたくなくてみんな目がうるうるしてきてました。笑
オーティスクラスじゃない人も別れたくなくて泣いていました・・・それほどにオーティスの愛は深くて、みんな大好きになってしまいます。
そんな人と一緒にお仕事ができて本当に幸せだと思います。
というか私は毎年受講生です!笑

060731_2305~0001.jpg




 ←パーティーのときのサックス科の演奏。
  マイクをもっているのは波多江さん。

060731_2330~0001-0001.jpg



 ←ジャン=イブ・フルモー先生。
  再び私とゆうかちゃん。

060729_1635~0001.jpg

               アクトシティ。私は42階に棲息。
                     抜けるような青い空。
 最高の眺望で毎日やる気が湧いてきました。ありがとうオークラ。

そしてお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
来年もお会いできることを願っています。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

おつかれさま!!疲れはとれた?
オーティスのレッスンはもちろんのこと、あの温かさに触れると幸せな気持ちになれるよね。
あとゆうかちゃんといっぱいたわむれたのが楽しかったです。笑
これからもよろしくねv-9
そしてこれからもお互いにどんどん成長していけると良いね♪

今年もおつかれさま!!いっぱい騒ぎましたね・・・笑
オーティスクラス泣きすぎてた!笑
今年もいろんな人に多くのことを教わった気がします。
ぐっさんにとってもいいセミナーになったみたいだね☆
また遊びに行きましょ~v-218

コメントありがとうございます!
楽器博物館っていいんですか?研修センターの一階にありますよね。来年は行ってみたいと思いますv-19
フルモー先生のレッスンも素晴らしかったです。
フルモー先生ご存知なんですね(>_<)

お疲れさまです(>_<)

本当に楽しかったし、勉強になった5日間でした!オーティスのレッスンも、人柄も、すべてがすばらしかったですよね(;_;)まりさんと佐藤さんもとっても素敵で、私はオーティスクラスに入れたことを誇りに思います!これからも頑張ろうと思いました!!そして写真いっぱいのせてくださってありがとうございます!浜松での出来事は絶対忘れませんっ(>_<)お世話になり、ありがとうございました!

今年もオーティスクラスは家族のようなチームだったね!(残念ながら今回私は違うクラスだったけど)やっぱりオーティスの人格が周りをそうさせるんだろうなあ。私も同様に心を奪われてしまったひとり…音楽も人間としても大大大好き☆来年もオーティスクラス楽しみだね!!
ピアニスト今年も本当お疲れさま(^-^)

お疲れ様です

浜松、良いホールですよね。
ホールも好きですが、楽器博物館が
たまらないです。

それにしてもフルモー先生も一緒だったんですね。
すごい。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。