スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのハナ

「mariはリュウびいきなの?」という風に言われたことがありますが
決してそんなことはありません。
ただハナは機嫌がいい時が非常にまれなのです。
シャッターチャンスが少ないの。
またハナは女の子なので、妙にカメラの前でかわいこぶったりとかして
逆に不自然な写りになったりします。
すごくかわいいときもあるんですが・・・。

060920_2033~0001.jpg

060920_2033~0002.jpg

そらされた。。。

ハナはだいたいいつもそう。
「おいで!」と呼ぶとすごく嬉しそうに尻尾を振って
今にも駆け寄ってきそう、と思わせて、180°くるっ!と
回転し、別の人のところに走っていきます。
「やられた・・・」って感じです。

そんなハナに逆襲の一枚。
爆睡中のハナ。ハナは眠りが深いと足をばたばたさせます。
夢の中でも走ってるんでしょ。
20060921222541.jpg

怒られたリュウ

今日リュウは「おいで」と呼んでも、
面倒くさそうにして、わざと伸びをしてもったいつけたりして
素直に来なかったから、部屋から閉め出された。
それでドアを閉めちゃった。

そしたらひゃおんひゃお~んと鳴いてうるさいので
「さっき素直に来ないからでしょ!!」って怒ったら
だまりこくってしまった。
「・・・・・・・・・・・・・・・」
あまりに静かなので心配してわずかに引戸を開けて覗き見。
見てる!
060917_183301.jpg

泣きそう。笑 真剣な眼差し。
どうやら反省してるようね。
あまりにおかしかったので思わず写真を一枚。
もしかしてひどい飼い主?!笑

幸せなひと時

朝日を浴びて気持ちよさそうだねぇ、リュウ。
じゅうたんやわらかいし、ピアノのそばにいれば
ずっと人がいるから寂しくないしね~。
幸せなオーラが全身から出ているよ。
060825_1129~0001.jpg


ものすごくくつろいでいるのはいいんだけど・・・
060825_1126~0001.jpg


・・・邪魔なんだよね・・・・・。
ペダル踏んでくれるの?

いじられハナ&リュウ

家にあった人間用腹巻を使ってこんなものを作成。
さて、何をするものでしょうか??
060721_1216~0001.jpg

060721_1217~0001.jpg

飼い主にあまりにキャハキャハ笑われるので恥ずかしそうなリュウ。
立ちすくんだまま一歩も動けません。
ハナは「かわいい~」と言われちょっといい気分。
でも言っとくけど君の頭、めちゃくちゃ変よ。

どうもサイズが合わないということで今度は人間用のレッグウォーマーを使用しました。
060721_1245~0001.jpg

がちがちに固まっているリュウ。目を逸らしてます。

正解はこちら↓↓こうやって使います。

» Continue Reading

ハナ何か?

060704_0045~0001-0001.jpg

 「ハナを探せ」
 背後に視線を感じたので振り返ると
 二つの目がきらりと光っている。
 冷房の効いた部屋でお布団にくるまる贅沢なやつ。。。
 自分でかぶったようだけど。
 さっきから見つめられているみたいだけど、何か用?
 
060704_0046~0001.jpg

 はっきりこっちを見ている(カメラ目線)
 あまりにも気持ちよさそうなので写真とってあげるよ。
 多少憎たらしい。。
 ハナの色はシェーレッド・レッドといい「陰影のある赤」という色らしい。
 一見茶色だけど、光の具合によってはほんとに赤い犬に見えることもある。
 でも日によっては黒ずんだ犬にも見える。
 ハナの気分が悪そうなときだ。
 今日は籐の椅子の色に合わせている。
 そんなカメレオンのようなハナはいろんな場所によくなじむらしい。たまに見えない。
 
060704_0043~0001-0001.jpg

 よく見るとちょっと白目。
プロフィール

Mari Kawagishi

Author:Mari Kawagishi
川岸麻理

ピアニスト。ダックスフント大好き。

神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程ピアノ専攻を修了。2007年秋よりスイス政府奨学生としてチューリヒ音楽大学のソリストディプロマコースに留学し2010年に修了。

東京藝術大学卒業時に同声会賞受賞、同新人演奏会に出演。第75回 読売新人演奏会に出演。社団法人日本演奏連盟主催により東京文化会館小ホールにてピアノリサイタルを開催。
現代音楽室内楽国際コンクール(ポーランド)デュオ部門第3位。第19回カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。東京藝術大学大学院修了時に東京工業大学の入学式演奏会にソリストとして推薦され、東京工業大学管弦楽団とコンチェルトを共演。Musique en Valle du Tarnにピアニストとして招聘され、南仏にて連続ソロリサイタルを開催。

これまでに、Winterthur Musikkollegium、Orchestra Filarmonica "Mihail Jora" di Bacau 、東京工業大学管弦楽団、横須賀交響楽団、ヤマハ池袋吹奏楽団と共演。
Duo Epitaph(デュオ・エピタフ)、Ensamble Resonance(アンサンブル・レゾナンス)に所属。ヤマハ主催浜松管楽器アカデミー公式伴奏者。
現在、ソロ、室内楽及び伴奏等で国内外における演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。

詳しいプロフィールはこちら

リンク
CalendArchive
Tree-CATEGORY
最新記事
ブログ内検索
Translation
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。